1. トップページ
  2. 講座一覧
  3. 集客するためのキーワード選定の基本
集客するためのキーワード選定の基本

集客するためのキーワード選定の基本

SEO対策をする上で、目標キーワード設定は最も重要なプロセスになります。

自社のWebサイトやページについて、「どのような検索キーワードで上位表示を目指すのか」を決める必要があります。

目標キーワードとは

自社のWebサイトをどのようなキーワードで上位表示させるのかを目標化したものです。

目標キーワードを選定するためには、次のことを知る必要があります。

1.キーワードの上位表示難易度による分類

2.検索ユーザーの検索意図に沿った分類


1.上位表示難易度による分類

キーワードは上位表示の難易度により3つに分類されています。

(1)ビッグキーワード

(2)ミドルキーワード

(3)スモールキーワード

キーワードの難易度別ピラミッド

ビッグキーワード

ビッグキーワードは、検索ボリューム、検索結果件数が共に多く、競争率がとても高いキーワードです。

そのため、上位表示がとても困難です。


ビッグキーワードで上位表示を実現するためには、数年以上の長い期間が必要となります。

比較的短期間で上位表示したとしても、競合他社も同じキーワードで上位表示を狙っているため、時間とともに検索順位が落ちることがあります。

また、ビッグキーワードで上位表示されているWebサイトは、SEOに力を入れている大手企業や業界で力を持っている大規模なポータルサイト、口コミサイトであることが多いです。


不動産業界であれば、SUUMOやathomeなどの大手ポータルサイトが、ビッグキーワードで上位表示されています。

中小零細企業の場合、このような大手企業やポータルサイトがライバルとなるため、ビッグキーワードで上位を狙うことは現実的ではありません

不動産業におけるビッグキーワードの具体例

● 不動産
● 戸建て売却
● マンション
● 住宅ローン
などがあります。

「都道府県+物件種別」はビッグキーワードと考えてください。

ビッグキーワードの対象となる都道府県は、人口が多く、都市・都会などになります。
また、人口50万人以上の指定都市が含まれている場合も、ビッグキーワードとなります。

例えば、
● 港区 賃貸マンション
● 福岡市 戸建て
などになります。

ミドルキーワード

ミドルキーワードは、上位表示難易度がビッグキーワードとスモールキーワードの中間程度のキーワードです。


検索ボリュームがビッグキーワードの次に多いため、中小零細企業が上位表示を狙うべきキーワードです。

多くのミドルキーワードで上位表示を獲得すれば、自社のWebサイトへのアクセスも増え、成約も見込めます。

不動産業におけるミドルキーワードの具体例

● マンション売却 税金

● 住宅ローンシミュレーション 計算

● 不動産投資 リスク


「市区町村+物件種別」はミドルキーワードと考えてください。
また、人口の少ない都道府県の場合、「都道府県+物件種別」もミドルキーワードの対象となることがあります。

例えば、
● 鎌倉 戸建て
● 福岡市東区 マンション
などになります。

スモールキーワード

スモールキーワードは、検索ボリューム、検索結果件数共に少なく、競争率が低いキーワードです。

そのため、比較的上位表示しやすいです。

ビッグキーワード、ミドルキーワードは競争も激しく短期間で上位表示は難しいため、まずはこのスモールキーワードから上位表示を狙っていきましょう。

不動産業におけるスモールキーワードの具体例

● マンション売却 税金 確定申告

● 実家を相続 相続税

● マンション購入 相場


「ビッグキーワード+物件のアピールポイント」「ミドルキーワード+物件のアピールポイント」はスモールキーワードとして考えてください。


このようにビッグキーワードやミドルキーワードに物件のアピールポイントを複数並べて、一つの検索キーワードとして考えることを複合キーワードといいます。

複合キーワードはロングテールSEOを実践する上で重要な検索キーワードとなります。


例えば、

● 鎌倉 賃貸 ペット可 オール電化

● 天神 賃貸 一人暮らし 女性専用

などになります。


2.検索意図に沿った分類

キーワードは検索ユーザーの検索意図から3つの種類に分けることができます。

(1)指名検索キーワード

(2)購入検索キーワード

(3)情報検索キーワード

キーワードの検索意図別ピラミッド

指名検索キーワード

指名検索キーワードは、企業名やサービス名などの固有名詞で検索するキーワードです。


ユーザーが固有名詞で検索する際は、何かしらのアクションをする可能性が高いです。

そのため、最も成約率の高いキーワードとなります。

しかし、企業名やサービス名などの指名検索キーワードで検索されるには、自社名を多くの人に知ってもらう必要があり、広告チラシやTVCMなどの認知活動が必要になります。


具体例としては、「アットホーム」や「○○不動産」などが当てはまります。


購入検索キーワード

購入検索キーワードは、ユーザーがモノやサービスを購入するときに検索するキーワードです。


ユーザーが自分の問題を解決するためのキーワードなので、それはそのまま「売上に繋がるキーワード」になることが多いです。

そのため、非常に競争率の高いキーワードとなっています。

多くの不動産会社やポータルサイトが、この購入検索キーワードでの上位表示を狙っているため、競合の多いエリア名で上位表示を狙うには、他社に負けない情報量が必要になります。


具体例としては、「賃貸マンション 千代田区」や「中古マンション購入 博多区」などが当てはまります。


情報検索キーワード

情報検索キーワードは、ユーザーが抱えている疑問を解消するために検索するキーワードです。


ユーザーが自分の疑問を解消するためのキーワードなので、直接的に売上に繋がらないキーワードです。

しかし、継続的に疑問を解決するコンテンツを提供し、情報検索キーワードで上位表示を獲得することで、購入検索キーワードでの上位表示を目指すことができます


スモールキーワードを選定すれば比較的上位表示が狙いやすく、見込客やアクセス数を増やすために欠かせないキーワードとなります。


具体例としては、「実家を相続した場合の相続税はいくら」や「自宅を早く売却したい時の手段」などが当てはまります。

まとめ

今回は、集客するための目標キーワード選定のための基礎知識を解説しました。


今から本格的なSEO対策を始める場合は、まずは情報検索を意識したスモールキーワードを選定することが、短期間で上位表示するポイントとなります。


各キーワードの特性を理解し、競合サイトがどんなキーワードで対策しているかも確認しながら、目標キーワードを定めていきましょう。

この記事に関連する○×クイズ