1. トップページ
  2. 講座一覧
  3. 集客するためのキーワード選定の基本
  4. 正誤問題
問 題

指名検索キーワードは、競争が激しく上位表示は難しい。

正解

あなたの解答は正解でした。

不正解

あなたの解答は不正解でした。

解答と解説
「購入検索キーワード」の誤り。

購入検索キーワードは、ユーザーがモノやサービスを購入するときに検索するキーワードです。
成約率が高いため、多くの企業がこのキーワードでの上位表示を狙っており、非常に競争率の高いキーワードとなっています。

指名検索キーワードは企業名やそのブランド名などの固有名詞での検索キーワードのため、競争率は高くありません。

指名検索と購入検索

いずれも成約率の高いキーワード

指名検索も購入検索も、「成約率を上げるキーワードとされています。


指名検索は、いったん企業やその商品そのものにブランドイメージがつけばおのずと企業名で検索がされる上、もともとそのブランドでの購入意欲が高いユーザーが検索する傾向があります。


購入検索は、特定のモノやサービスを購入する際に検索されるキーワードであり、特定の企業名での検索ではないので、自ずと競争率が高くなってしまうのが特徴です。


購入検索は、モノやサービスの購入を第一目的としており、まだどこで購入するかが未確定であろうユーザーが検索する可能性が高いため、多くの企業は購入検索での上位表示を目標にコンテンツ制作を行っています

中でも、大企業は検索エンジン上位表示のみならず、広告費を投資して検索ユーザーの目に留まりやすいように戦略を立てているところもあります。



メディア運営初期は、情報検索で上位を目指そう

指名検索も購入検索も成約率が高いキーワードである一方、認知やブランドイメージが弱い段階でいきなり目指すのは現実的ではありません


まずはユーザーの潜在的な悩みや疑問を解決するコンテンツ制作を念頭に置き、情報検索キーワードでの上位表示を通じて最終的に購入検索といった競争率の高いキーワードでの上位表示を目指す戦略を練っていきましょう。